不動産用語集

▶解約届

退去することを不動産会社に連絡すること。

一般的には1カ月以上前までに書面で、とされていることが多いですが、ケースにより異なるので必ず契約書で確認しましょう。

▶火災保険

火災保険とは、火災や落雷などによる損害を補償する保険です。

▶管理費

分譲マンションの区分所有者が管理組合に納入する、共同で使用する施設や設備の維持管理に必要な経費のことです。管理に必要な経費を出し、それを専有部分の持ち分面積に応じて負担するのが一般的です。

▶共益費

賃貸集合住宅等で、家賃とは別に毎月支払う費用です。建物全体の清掃や補修、警備等にかかる費用や共用部分に関する付加使用料に相当します。

▶原状回復

退去時に、入居時の状態に部屋を戻すことです。

原則として経年変化や通常の生活による磨耗は貸主側の負担で、借主の故意・過失によって汚損・損壊したものがあれば、その修理費が請求されるのが一般的です。しかし、契約に特約があれば、その内容が妥当で借主の同意がある限り優先されるので、契約時によく確認しておきましょう。

▶更新料

借地契約や借家契約で、契約更新の際に借地人・借家人から地主・家主に対して交付される金銭です。法律に規定があるわけではなく、あくまで契約に基づいて支払われるものと解されています。

▶更新手数料

賃貸契約を更新する際、不動産会社へ支払う更新事務手続きの手数料です。

▶保証会社

家賃保証会社を利用した場合、借り主が家賃保証会社に一定の保証料を支払うことで、万が一、借り主に賃料などの不払いが発生した場合でも、家賃保証会社が賃料を保証します。 福岡では審査として、保証会社の利用を義務付けている物件が一般的です。保証会社を利用する場合、入居申込書の手続きと並行して行われ、審査に通れば契約へと進みます。

保証料は家賃の80%が一般的です。

▶敷金

賃借人が賃貸借契約を結ぶ時に、家主に払う金銭で、家賃の不払いなどの事態に備える意味で徴収されます。賃貸借契約が終了して明け渡す時には、未払い賃料等があればその分を差し引かれた額が返金されます。

▶敷引(償却)

入居時に預かった敷金の内、一定額を補修費等にあて退去時に差し引くというものです。福岡では敷引の物件が多いです。

▶重要事項説明

宅地建物取引業者が土地・建物の売買や仲介などの取引に際して、契約前にその不動産に関する権利関係や取引条件等について書面(重要事項説明書)を交付し、取引に関わる人に説明することです。説明担当者は宅地建物取引主任者で、重要事項説明書に記名・押印し、説明時には宅地建物取引主任者証を提示しなければなりません。

▶初期費用

契約時にかかる費用。礼金、敷金、仲介手数料、前家賃、火災保険料、引っ越し費用などで、一般的には「家賃の約6カ月分」が目安と言われています。

▶仲介手数料

契約を仲介した不動産会社に支払う手数料です。家賃の1カ月分(共益費・管理費などは含まない)が上限とされています。申し込みをしたが契約をしない場合は、基本的には仲介手数料は請求されません。

▶家賃

部屋を利用させてもらうことに対して、大家さんにお支払いする対価です。 前家賃として前払いすることが一般的です。

例)10月分の家賃を9月25日に支払い

■家賃の目安

月収の3分の1と言われています。

▶礼金

物件の賃貸借契約において借主の貸主への賃貸契約を結んでくれたお礼になります。

▶連帯保証人

借りた人に何かあったときに代わって賃料を支払う責任・能力がある人のことです。賃貸契約ではほとんどの場合に必要で、親や親族に頼むことが多いです。