猫が食べたら危険!置いてちゃダメな食べ物5

猫が食べたら危険!置いてちゃダメな食べ物5

猫を飼うときに知っておきたいこと

猫が安全に暮らすために必要なことがいくつかあります。

食べ物には特に注意を払いましょう。猫の命の危険があることがあります。猫と一緒に住む前に必ずチェックしておいてくださいね。

foot2

猫ちゃんにとって危険な食べ物

人間が食べても害はないですが、猫が口にしてしまうと最悪、命の危険がある食べ物があります。

これから、初めて猫と一緒に暮らす方は、猫の命に関わるので必ずチェックしてください!

危険度1位:タマネギ・ネギ類

玉ねぎには、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。猫が食べてしまうと赤血球が破壊されて、溶解性貧血になる可能性もあります。

タマネギやネギ類を机の上に置いたままにする家庭は極めて少ないと思いますが、タマネギやネギ類を使ったものも危険です。お味噌汁やうどん、そば、お鍋などネギを入れる食べ物はたくさんあります。そういったものの残り汁があって、猫が口にするのも危険です。十分に注意してあげてくださいね。

また、ネギ類には種類がたくさんあります。タマネギや長ネギだけじゃなく、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどにも気を付けてください。

危険度2位:アルコール類

アルコールの摂取は、量によって成人男性でも死に至る可能性がある危険なものです。

そもそも猫の肝臓にはアルコールを分解する能力が備わっていません。少しの量でも猫は酩酊状態、酔った状態になります。アルコール類を口にしてしまった猫は、アセトアルデヒドへの分解もままならずに内臓の機能不全を起こす可能性があります。

あの有名な小説「吾輩は猫である」に出てくる猫もビールを飲んで酔っ払って井戸に落ちてしまいましたね。

自宅でアルコール類を飲んだ後には、必ず片付けましょう。

危険度3位:カカオ類・チョコレートやココアなど

猫にとってチョコレートに含まれるカカオは、とても危険な毒素になります。痙攣や発作を起こした例もあるようで十分に注意が必要です。

特にホワイトチョコレートなどではなく、ビターチョコや調理用のカカオをたくさん含んだチョコレートが危険です。少量で急死してしまうことは、少ないようですが、まだまだ体が小さい子猫の場合は、少量でも危険です。

自分で食べたチョコレートを机の上に置きっぱなしにするのは絶対にダメですよ。

危険度4位:カフェイン

カフェインはコーヒーや紅茶、最近ではエナジードリンクなどに含まれていますね。人間が飲むと眠気が覚める、頭がすっきりするといった効果がありますが、猫にとっては、体を壊す原因になります。

猫のカフェイン摂取の致死量は、1キロに対して150mg程度だと言われています。まだまだ体の小さな子猫が興味本位でコーヒーを口にしてしまうことがあるかもしれません。飲んだコーヒーは必ず片づけて食器を洗っておきましょう。

危険度5位:香辛料

猫にタバスコ、コショウ、ペッパー、唐辛子などの香辛料をあげるのは、絶対にやめてください。胃腸炎や内臓障害を引き起こす危険性があります。

このランキングの中では、致死性が低く、危険度は低いですが、香辛料は様々なものに使われています。香辛料といえば、カレーが代表的ですが、一味、七味、ゆず胡椒などトッピングに使う調味料がたくさんあります。猫が誤って口にしないように十分な注意が必要ですよ。

foot2

まとめ

猫ちゃんが口にすると危険な食べ物5つをご紹介しました。これらの他にも猫が食べると良くないものは、たくさんあります。

猫と一緒に住む上で、猫が口にするものは飼い主さんがしっかりと管理しておくことが一番重要です。

猫の命に関わることなので、しっかりと頭にいれて、猫と過ごしてあげてください。

cat1